繊細さんの幸せを願うブログ、うちコイ

【昼間に日記を書く女】紙の手帳とgoogleカレンダーの使い分けってどうしてる?

書きだす
こか
こか

毛筆二段になったねん!

書くことが大好きやけど、予定管理はデジタル派。

かー坊
かー坊

でも、ノートや雑記帳に書いてる時あるやん?

あれは予定管理じゃないん?

こんにちは。今日もおうちが恋しいこかです。

今回は、カレンダーアプリと紙の手帳の使い方を整理します。

デジタル全盛の時代にあっても、書く習慣がゼロになることはありません。

アナログか/デジタルか

予定管理をアナログで行うのか、デジタルで行うかは、スマホが出てきてから何度も悩まされました。

前回の記事で書いたように、わたしは紙の手帳をやめました。

しかし、書くことが大好きです。

ツールの既定の使い方に惑わされず、自分がええように使うのが一番ではないでしょうか。

本日もぜひ最後までご覧ください。

アプリも手帳も既存ルールをムシしてオッケー

アプリ、手帳、日記、ノート…「こうやって使うべき」なんてルールはどこにもありません。

自分が使いやすいツールを、自分が使いやすいように、使うのが一番です。

わたしなんて、昼間に日記を書きますもの。

既存の使い方にこだわらず、自分が使いやすいように使いやすいツールを使えばいいんです。

googleカレンダーは予定管理のみ

googleカレンダーや スマホのスケジュールアプリなどは、予定の管理のみに使っています。

日時と予定と場所の管理だけ。

何か予定が決まったら、スマホをさっと取り出してその場で予定を入力。

これだけの使い方です。

iPhoneのカレンダーを使ってます

私はiPhoneのカレンダーを使って予定管理をしています。

MacBook、iPadと同期できるため、iPhoneのカレンダーアプリがとても便利なんです。

アプリはリマインダー機能に優れている

「公共交通機関で行く場合、何時までに出ればいいですよ」と出発時間を教えてくれたり、予定の事前通知があったり、紙の手帳にはない機能に助けられています。

iPhoneメールから自動で予定登録ができる

こか
こか

アプリ間の自動連携機能も、デジタルならでは!

IPhoneのメールアプリからカレンダーアプリに自動で予定登録ができます。

iPhoneのメールアプリで、メール本文内の日時の部分をタップすると、カレンダーコマンドが出てきます。

日付部分をタップする 引用:CREALからのDM

イベントを作成すると、カレンダーアプリに自動反映されます。

カレンダーへ自動反映
かー坊
かー坊

めっちゃ便利やん。

こか
こか

自動反映だから完璧ではないけれど、アプリを起動する手間が省けるで!

紙の手帳は頭と心を整える用

紙の手帳は、予定管理よりも「書く効果」に重点を置いて使っています。

頭や気持ちの整理、タスク管理、アイデア出し…などです。

書いて気持ちを整える

書くことには、自分の頭や心を整える作用があります。

自分を客観視し、自分の問題を明確にする力です。

こか
こか

単なる予定管理のためだけに「書く」のはもったいない!

気持ちの整理やタスク管理など、自分の頭と心の管理に使っています。

書き出した結果、何をすればいいか行動が明確になり、不要な不安や焦り自己嫌悪などのストレスが減ります。

以下、書くことで頭が整理できることを紹介している【こころが片づく「書く」習慣】より引用します。

複雑に絡み合った不安・心配事・気がかりは、渾然一体となっていると解決することが難しいものです。
しかし、書き出すとモヤモヤしていた問題が解きほぐされ、明確になり、一つ一つ冷静に考えることができるようになります。

こころが片づく「書く」習慣
かー坊
かー坊

でも、字が汚いし、書くのイヤやねん…

キレイに書くことが目的ではなく、自分を整えるために書くから、字の上手い下手は気にしなくてよいと思います。

昼間に日記を書きます

日記と言うと1日の終わりに書くことを想定していますが、私は日中に書くこともあります。

日中に感じた喜びや感動、 悲しみや悩みなど、リアルなときにリアルな気分で書いています。

日々の出来事を綴るのみではなく、その時々の頭と心の整理のために使いたいので、1日の終わりに書くと言うルールをなくしました。

こか
こか

日記は1日の終わりに書く、なんて誰が決めたん?

紙の手帳を辞めて数年が経ち、自分の気持ちを整理するツールがなくなってしまいました。

手帳があれば手帳に書いていたけれども、白紙のノートに書き始めるのは難しく…。

脳って白紙の状態から何かを生み出すことをすごく難しいと感じるんです。

日記にたどりつきました。

日付の枠組みだけでもあれば、0スタートではないので書くことが負担になりません。

スポンサーリンク

ツールの使い分けはあなた好みに

 紙の手帳で予定を管理するかアプリで予定を管理するか、あなたのお好きに。

わたしは、「予定管理だけ」と割り切ったのでアプリで予定管理をしていますが、予定もアイディアも一言管理したい人には紙の手帳にまとめて書くのが便利だと思います。

手帳術のような本がよく出ています。

あくまでも「著者の使い方」であって、「あなたが使いやすいもの」ではありません。

わたしもたくさん手帳術の本を読みましたが、自分にしっくりくるものはありませんでした。

色分けが多かったり、書くルールが複雑だったり、自分にはなじみませんでした。

様々なツールが出てきていますが、 ツールを生かすも殺すも自分次第。

使い方のワクにとらわれず、自分が使いやすいように使うのが1番です。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

一人でも多くの繊細さんが生きやすくなりますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました