繊細さんの幸せを願うブログ、うちコイ

【熱意に灼かれる】アツすぎる人が苦手…。いいところだけマネしたらよし!

HSPと仕事
こか
こか

アツすぎる人がニガテ…。

熱意の高温警報が出てる。

こんにちは。今日もおうちが恋しいこかです。

わたしはアツすぎる人がニガテです。

実は、上司がアツすぎる人で辟易してしまうことがあります。

自分自身、クールなタイプではないですが、めちゃくちゃ情熱的なタイプとも違います。

熱血漢タイプとつきあうにはどうしたらよいのか?

ぜひ最後までおつきあいください。

スポンサーリンク

ねっ、、熱意に灼かれる

「熱意に灼かれる」

んな、アホなと思われるかもしれません。

ウチの上司は体育会系の熱血漢で、熱意が半端ないのです。

  • 課員のミス報告書を分析し、2時間の勉強会をしたり
  • 朝礼では心得(?)のようなものを話し始めたり
  • 「仕事楽しいぃぃ!」とアツイ想いを口にしたり

とにかく、アツいんです。

彼のエネルギーで発電できると思います。

熱意で灼かれる

最初は「すごいな」「あんな風になれたら、仕事が楽しいだろうな」と共感しながら聞いていました。

しかし、今は、正直なところ…

 

わたしはしんどいです。

同僚も「うっ、しんどい…」(手でバリアする仕草)と話しています。

かー坊
かー坊

お腹いっぱいな感じやな。

ある日のお話し中、彼のエネルギー量がわたしの許容量を超えました。

こか
こか

ヤバイ…、リミット超えた…。

クラクラしてきた…。

熱意に灼かれる!!

身の…、いや、心のキケンを感じました。

真剣に聞いて、共感しすぎたら、心が灼かれてしまいそうになりました。

心の熱中症

世の中、アツすぎる人っています。

情熱ややる気は称賛に値します。

しかし、受け手の許容量を超えると受け手がオーバーヒートします。

わたしは心の熱中症と名付けています。

心の熱中症にかかってしまったら、対策は2つ。

  1. 心の熱中症心をクールダウンする
  2. アツさから距離を置く

熱中症と同じ、とにかく、心から熱を放出することが大切です。

なるべく早く「自分だけの時間」を確保して、休養することが大切です。

唯一、熱中症と異なる点は、発症は夏場だけではないということです。

秋でも、冬でも、アツい人はアツいです。

アツい人から学ぶ

わたしは上司のような熱意は持てないけれど、いいところはマネしています。

ウチの上司は熱血漢ですが、きちんと行動する人です。

「まず、ワタシがやらねば!」と思っているようで、率先して行動してくれます。

口だけでなく、自分がしっかりと動くという点は見習うべき点だなと思っています。

行動の仕方はゴリゴリですが…。

「学べるところは学ばせていただく。

自分が受け止めきれない部分は、対策を立てて対処するのが一番だな」と思いました。

会社疲れのひとつが解明できた

「出社すると、どうしてこんなに疲れるのかな」と不思議でしたが、ナゾがひとつ解明できました。

熱意に灼かれていたからです。

心の疲れって原因は様々ありますが、自分なりに対処法を準備しておくことが大切です。

わたしは、誰かに話したり、SNSでアウトプットしたりして、自分の心を見つめています。

アウトプットを通して、心のメンテナンス方法を模索しています。

疲れているときに、疲れている心を分析するのはしんどいですが、放置しておくと「しんどいまま」です。

世の中いろんな人がいるからこそ楽しいんだけれど、自分と違うタイプの人に合わせようとすると自分が消耗するだけです。

自分にとっての適温を探しましょう。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

一人でも多くの繊細さんが生きやすくなりますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました