繊細さんの幸せを願うブログ、うちコイ

【距離感がわからない】HSPの親戚付き合い、苦手意識を減らすコツ

家族
こか
こか

年に数回しか会わない親戚の集まり。

どう振舞ったらいいのかわからなくて、苦手…。

かー坊
かー坊

お盆やお正月には避けられへんイベントやな。

う〜ん、困った。

大切なあなたへ。今日もおうちが恋しいこかです。

今回のブログは、HSPの親戚付き合いについて書きます。

HSP気質の「大勢の人の輪に入っていくことが苦手」に当てはまるわたしは、親戚付き合いが苦手です。

距離感が微妙すぎて、何を話したらいいかわからないし、どう振る舞えばいいかもわかりません。

苦手を意識しすぎると、苦痛やストレスに変化してしまうため、自分なりに親戚付き合いの苦手意識を減らすコツを体得しました。

本日もぜひ最後までご覧ください。

【最重要】自分を責めない

最も重要なことは、自分を責めないということです。

親戚付き合いが苦手な自分って、ホントダメなやつ…。

親戚の集まりが苦手な自分を卑下したり、攻撃しても、心に負担になるだけ。

必要以上に、自分を責めないようにしてくださいね。

親戚の中でポツンとする自分

子供のころから、親戚の集まりではポツンとしていました。

気づけば、ひとりぼっち。お父さんも、お母さんも忙しそうだし、話しかけられないし。

「暗い子って思われてるかな」と不安を感じながら、過ごしていました。

でも、大人になった自分が子供のころの自分に声をかけるならば、

あなたはこういう集まりが少し得意でないだけで、あなた自身に問題があるんじゃないよ

と言うと思います。

親戚付き合いの苦手意識を減らすポイント

こか
こか

親戚付き合いの苦手意識を減らすために、試行錯誤してきました。

大勢の集まりが苦手で、時間が過ぎるのがとても長く感じてしまうほどですが、苦手意識を減らすコツを自分なりに磨いてきました。

ポイント
  • 笑顔を心がける
  • あいさつはしっかりと
  • 身近な人には打ち明けておく

笑顔を心がける

「会話に参加してるよ」と意思表示のため、笑顔を心がけています。

話の輪に入っていくことが苦手だと認識しているわたし。

気を緩めると、つまらなさそうにしてしまって、周りに不愉快な思いをさせ、そんな自分を責める…の負のスパイラルに陥ってしまいます。

楽しそうに笑顔でいることと人の話を聞き、リアクションを返すことは、最低限、心がけています。

こか
こか

参加している姿勢はポジティブに働くはず。

あいさつはしっかりと

  • お久しぶりです
  • お変わりないですか
  • ありがとうございます

話題を提供できない分、あいさつはしっかりとするようにしています。

特に、感謝のことばはきちんと。

気遣っていただいたとき、褒めていただいたとき、祝っていただいたとき。

「すみません」や「そんなことないですよ」の代わりに、「ありがとうございます」

雑談ができる人も社交スキルがあって羨ましく感じますが、伝えるべきときに、伝えるべき言葉が正しく使える人って尊敬します。

だから、あいさつはしっかりと。

身近な人には打ち明けておく

「わたしは親戚付き合いが苦手」という点を、ごく身近な人には伝えています。

打ち明けたところで何も変わらないんですけれど、肩の荷が降りるというか、ひとりで悶々とする負担が減るというか。

ただし、愚痴っぽくならないように、「苦手だ」「悩んでる」という点のみを伝えるようにしています。

スポンサーリンク

親戚の集まり、意外と大丈夫でした

 最近、20名ほどの親戚の集まりがあり、緊張と不安を感じていましたが、意外と大丈夫でした!

あらかじめ夫に伝えていたこととニコニコを心がけたことで、自分を責めたり、逃げ出したくなったりすることもありませんでした。

苦手意識を抱え込みすぎると、どんどんと悪い方向に増大してしまいます。

自分を嫌になったり、他人を攻撃したり。

苦手意識がまだ小さなうちに、「得意じゃないけど、ただそれだけ」とラベル付けして、ポンッと放置。それ以上、考えない。

あとは、自分のできる範囲で、ポジティブに関わっていけばよいと思います。

 本日もお読みいただき、ありがとうございました。

一人でも多くの繊細さんが生きやすくなりますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました