繊細さんの幸せを願うブログ、うちコイ

【わたしの夢って何だった?】Kindle Unlimitedで「半沢直樹1」を読んでみた

HSPと本
こか
こか

半沢直樹を読んでたら、いつの間にか夜更かししてました。

こんにちは。今日もおうちが恋しいこかです。

Kindle Unlimited半沢直樹1を読みました。

ドラマでストーリーはわかっていましたが、わたしは小説の方がおもしろかったです。

ストーリー展開がおもしろいことはもちろん、「夢」について考えさせられる一冊でした。

ぜひ最後までおつきあいください。

スポンサーリンク

夢を見続けるってのは難しい、それに比べて夢を諦めることのなんと簡単なことか

作者が一貫して伝えていることは、サラリーマンの夢と現実です。

最終章に「夢を見続けるってのは難しい、それに比べて夢を諦めることのなんと簡単なことか」というセリフが出てきます。

印象的なセリフです。

「夢」とまでいかなくとも…、みんな、何かしらの志を抱いて入社します。

  • 大きなプロジェクトを手掛けたい
  • 困っている人を助けたい
  • 海外で活躍したい

しかし、社会にのまれるうちに、志はすぼみ、会社に飼い慣らされていきます。

目の前の仕事に追われて、心を無にして働いている自分を思い返し、ハッとさせられました。

「わたしのキャリアの最終ゴールってなんだったっけ?」と。

図星だったのか、渡真利は黙った、渡真利の夢はプロジェクト・ファイナンスだ。東京中央銀行で潰えたその夢を、渡真利は、この証券会社ではたそうと考えたのかもしれない。
「オレたちバブル入行組」

エリートと思われる渡真利(ドラマの中でミッチーが演じている役)のエピソードです。

「潰えた夢」

強烈な表現です。

≫Amazonで半沢直樹1を見てみる

半沢直樹1 ストーリーについて

半沢直樹1のストーリーについてお話しします。

銀行業を取り巻く悪党たちに天罰が下るストーリーはドラマと同じ。

登場人物の表情や心情を想像して、楽しみながら読めるのは、小説ならではです。

読んだ後、スカッとしますね。

序章:バブル期の就職活動

序章では、半沢の就活時代のことが書かれています。

序章で銀行の華やかさを描いているからこそ、1章から始まるストーリーが引き立っていると思いました。

バブル絶頂期の華やかな時代に就活をしていた半沢。

  • 当時の銀行が世間から信頼されていたこと
  • 半沢が大志を抱いて入行したこと

がキラキラと描かれています。

1章〜:勧善懲悪ストーリー

1章からのストーリー展開は、おもしろすぎて、時間を忘れてしまうほど。

軽快なテンポで物語が進みます。

  • 西日本スチールの貸し倒れ問題
  • 銀行内部のドロドロ感
  • エリートのプライド
  • 悪党たちの葛藤
  • 夢と現実

隠蔽された事実がポロポロと明るみになっていきます。

わたしは、支店長と半沢のラストのやりとりに「半沢の銀行員臭さ」を感じずにはいられませんでしたが、作者があえてこのように書いたのかなと思いました。

小説を読んで、改めて、半沢直樹の続編も読もうと思いました。

続編以降はKindle Unlimitedにリストアップされていないので、書籍を買います。

もし、読み放題サービスで「半沢直樹1」を読むならば、お早めがよいと思います。

多分、ドラマ放映がきっかけで、「半沢直樹1」がKindle Unlimitedにリストアップされてきたんだのではないか、と。

引き続き、「倍返し」を文学で楽しむこととします。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

一人でも多くの繊細さんが生きやすくなりますように。

Kindle UnlimitedとはAmazonのサービス。

「Kindle Unlimited読み放題」に選ばれたタイトルが好きなだけ読めるサービス。

最初の30日間は無料で利用でき、その後は月額980円で利用できる。

30日の無料体験後に解約しても、利用料は発生しない。

》詳しくはこちらから→Amazon公式サイトを見てみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました