繊細さんの幸せを願うブログ、うちコイ

HSPさんにnoteがおすすめな理由【note第4弾書きました】

HSPと日常
こか
こか

新作note書いた!

ブログもいいけど、noteも楽しい。

こんにちは。今日もおうちが恋しいこかです。

2020年からnoteを始め、ようやく4作目を書きました。

noteはブログよりも気楽に使えます。

noteはエッセイや日記のような使い方をしている人もいて、HSPさんのアウトプットツールとして使いやすいんじゃないかなぁと思います。

後、プラットフォーム全体の雰囲気が優しいです。

個人的には優しい雰囲気という点はポイント高いです。

今回は、HSPさんのアウトプットツールとしてのnoteについて。

ぜひ最後までおつきあいください。

スポンサーリンク

HSPさんにnoteがおすすめな理由

普段からさまざまな刺激をキャッチしがちなHSPさん。

ほどよくアウトプットをして、息抜きが肝心です。

HSPさんは外界の刺激に敏感で、いい刺激も悪い刺激もキャッチします。

刺激をキャッチしすぎてばかりだと頭と心がパンクしてしまうので、適度に外に逃すことも必要。

繊細さんはインプットが多いぶん、こまめにアウトプットすると心が整います。

「繊細さん」の幸せリスト

アウトプットツールとして便利なプラットフォームがnoteです。

  1. noteがHSPさんにおすすめの理由HSP関連のタグがいっぱいある
  2. スキボタンが使いやすい
  3. Twitterとブログのいいとこ取り

noteでのアウトプットがおすすめな理由を3つピックアップします。

HSP関連のタグがいっぱいある

noteはHSP関連のタグがたくさんあり、#HSPで検索しただけでも186個がヒットしました。

HSPさんにまつわるエピソードにタグをつけて投稿すれば、あなたの投稿が他のHSPさんの目に触れる機会が増えます。

同じ悩みを持つもの同士の場ならば、普段言いづらいことも書きやすいし、あなたの投稿を見て何かコメントが来るかもしれません。

#HSPとつけて投稿すれば、自分の世界が広がる可能性があります。

こか
こか

タグづけは便利。

スキボタンが使いやすい

noteには「スキ」というリアクションボタンが用意されています。

自分の投稿をいいねと思った人(アカウントの有無は問わない)がハートの「スキ」を押してくれます。

ブログの場合、リアクションボタンがなく、読み手の反応がわかりません。

また、Twitterのいいねボタンはアカウントを持っている人しか押せません。

リアクションボタンがあると、読み手の反応がわかりやすいですし、励みにもなります。

「スキ」ボタンは投稿者に嬉しい機能ですね。

こか
こか

「スキ」ボタンを押した後のコメントはカスタマイズできるよ。

Twitterとブログのいいとこ取り

noteはTwitterのように文字数制限はありません。

好きなだけ文章を書くことができます。

また、ブログのようにCSSでレイアウトを整える必要はありません。

記事を作成するための必要最低限の機能のみです。

noteを使えば、手軽に自分の思いの向くまま文章が書けます。

アウトプットツールとして、とても使い勝手がよいです。

こか
こか

シンプルだからこそ、自分の個性が活かせます。

お知らせ:新作note書きました

お知らせです。

先日、新作noteを書きました。

【自分の思いを伝える】わかりやすい文章を書くコツ5つ というnoteで、ブログ運営経験をもとにわかりやすい文章を書くコツをまとめています。

「話し言葉にも応用できる!」という感想もいただいており、書き物をしない方にもお楽しみいただけるのではないかなと思います。

ぜひご覧ください!

noteを使って自分の気持ちをアウトプット

  • ブログは敷居が高いと思っている方
  • Twitterでは物足りない方

自分の気持ちをアウトプットするとき、noteはとても使いやすいツールです。

スマホアプリからもnoteを書くことができるので、日記帳代わりに使うのもよいかも。

「いいね」も悪くないですが、「スキ」と言われる方がダンゼンうれしいので、noteの「スキ」ボタンが本当にスキ。

ぜひ、一度、noteであなたの思いを書いてみてください。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

一人でも多くの繊細さんが生きやすくなりますように。

↓noteを勉強するときに読んでいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました