繊細さんの幸せを願うブログ、うちコイ

HSPは親のせい?「HSPってあなたのことね」と言われた話【生き方に育て方は関係ない】

HSPと向き合う

こんにちは。今日もおうちが恋しいこかです。

先日、母がHSPに関する新聞記事を読んでいたそうです。

「これはこかのことや!」と思いながら。

こか
こか

そー、そー。

わたしってHSP気質やねん。

とわたしは気軽に応対していましたが、母は

「自分が神経質な育児をしたからかも…」と思い悩んでいたそうです。

HSPの原因はわからないけれど、母に「自分の育児のせい」と言わせるのはしのびないなと思いました。

本日の記事は「HSPと幼少期、そして大人になった今」をテーマにお話しします。

ぜひ最後までおつきあいください。

スポンサーリンク

HSPってあなたのことだと思って読んでいた

新聞記事にHSPの本のことが載っていたらしいです。

(当ブログでも取り上げた武田友紀さんの 「繊細さん」の幸せリストかなと思います)

母は記事を読みながら、「HSPって…、こかに当てはまってる」と思っていたそうです。

かー坊
かー坊

「あなたはHSP」って言われて、どう思った?

HSPのことを知ってもらうことができて嬉しかったです。

「HSPのことを知っている人が身近に増えてよかったな」と思いました。

どのような新聞記事だったか聞いていませんが、新聞記事からわたしのことを連想したのは「さすが母親だな」と思いました。

神経質な育児をしてしまったから

新聞記事を読みながら、「一人めの子で神経質な育児をしてしまったから、HSPになった」と考えたそうです。

HSPを語る上で、幼少期の過ごし方は見逃せないポイントです。

  • HSP気質の子どもは「いい子」が多い
  • 毒親に育てられるとHSPになりやすい

などいろいろと言われています。

思い返せば、自分も「いい子」な子どもでした。

親をあまり困らせず、妹の面倒を見て、きちんと言うことを聞くような子でした。

人格形成には幼少期が深く関わっていることは明らかでしょうが、母の考えは否定しておきました。

細かいことが気になるし、音や光に敏感でツライし、人の気持ちを考えてしまってしんどいし、HSPって生きづらいんです。

こか
こか

もっと大ざっぱに生きれたらなぁ。

「ざっくり」生きたいんだけれど、なかなかできないんです。

でも、HSPも含めて自分だから。

自分のすべては神様からの贈り物だから。

「あなたの育て方が悪かったからこうなった」なんて責めても何も変わらないし、ひょっとしたら無関係かもしれません。

母の育児を責めるより、HSPの自分を受け入れて、生きづらい世をいかに生きやすく生きるかを考えるべきです。

両親には感謝している

わたしは両親に育ててもらったことを感謝しています。

どんな自分であれ、両親に育ててもらえて本当によかったです。

HSPはしんどいときもありますが、HSPの感性は誇りに思っています。

四季の移ろいを敏感に感じてフィルムに収めたり、ブログで誰かの支えになることができたり。
繊細な感覚に感謝する瞬間です。

「神経質な育児をしてしまったかもしれないけれど、こかが楽しそうに生きててうれしい」

そう母に言ってもらえるようになりたいですね。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

一人でも多くの繊細さんが生きやすくなりますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました