繊細さんの幸せを願うブログ、うちコイ

【HSPとサングラス】芸能人気取りではありません。光に弱いからです

HSPと向き合う
こか
こか

日中、光がしんどいときはサングラスをかけてる。

かー坊
かー坊

サングラスってどんなんがいいかわからへん。

こんにちは。今日もおうちが恋しいこかです。

外からの刺激に弱いHSPさんは光の刺激も弱いです。

太陽の光のみでなく、LEDの明るさに疲れることもありませんか。

運転中やランニング、ウォーキング、コンビニなど、意外と「まぶしいな」と感じるシーンは多いです。

わたしは太陽光に含まれる青白い光が苦手なので、サングラスを着用しています。

最初は勇気がいりますが、サングラスをかけることで光の刺激から目を守ることができ、安心しています。

本日の記事はHSPとサングラスについてです。

ぜひ最後までおつきあいください。

スポンサーリンク

サングラスは●●から自分を守るためです

ファッションではなく、光から目を守るためにサングラスを着用しています。

わたしは太陽光に混じっている青白い光が苦手です。

夕焼けは平気です。

サングラスが、苦手な青白い光をカットしてくれるので助かっています。

サングラスって着用しづらい…

かー坊
かー坊

サングラスかけるのってちょっと勇気がいる。

外国人の方はサングラスを着用されている方も多いですが、日本人でサングラスを着用されている方はあまりいないですね。

リゾート感の少ない気候、文化かもしれませんが、日本ではサングラス人口は少数派です。

しかし、デパートのアクセサリーコーナーには必ずサングラスが並んでいますし、海外の免税店でもサングラスを眺めている日本人は少なくありません。

最初は勇気がいりますが、サングラスをもっと日常的に取り入れればいいなぁと思います。

サングラスは心のバリアにもなります

光から目を守るのみでなく、サングラスは心のバリアにもなる気がします。

自分と対象物との間に色付きのレンズ一枚あるたけで、「見られてる感」を感じにくくなります。

自分の視線の動きを読まれないのも、ちょっと安心ポイントかもしれません。

他人と真っ正面から向き合うのに抵抗があるとき、ちょっとしたバリアになりますね。

こか
こか

HSPさんは自分と他人の境界線が薄いから、サングラスでバリアするのもよいかも。

サングラスってなかなか選べない

現在、愛用中のオークリー

今はオークリーのスポーツタイプのRPMを愛用していますが、以前はサングラスジプシーでした。

愛用中のオークリーは視界の明るさは保ったまま、「眩しい光」だけをカットしてくれます。

サングラスを着用したまま、新聞の文字も読めます。

曇ってる日のドライブで使用しても、見えづらさを感じないです。

むしろ曇りの日特有の白っぽい光が軽減されて目が楽です。

こか
こか

実は、めっちゃ気に入っています。

ファッションブランドよりスポーツタイプのサングラスの方が軽くて、機能性に優れているかも。

ミラーレンズやカラフルなデザインを避ければ、スポーツタイプのサングラスもタウンユース可能です。

光に弱いHSPさんは一度サングラスも取り入れてみてください。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

一人でも多くの繊細さんが生きやすくなりますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました