繊細さんの幸せを願うブログ、うちコイ

【発見】自分を取り戻すデジタルデトックス。スマホから解放される効果とは?

HSPな日常
こか
こか

ずっとSNSを見てると疲れることない?

わたしは夜9時以降のSNSはなるべく避けてる。

かー坊
かー坊

いろんな情報が入ってくると疲れるなぁ。

ずっと見てることはできひん。

こんにちは。今日もおうちが恋しいこかです。

「デジタルデトックス」「デジタル断捨離」という言葉を聞くようになりました。

これらの言葉は、デジタル機器やSNSから距離を置くことを指します。

SNSとは程々の距離感がちょうどよいので、ちょっと近づき過ぎたなと感じる時は、SNSから離れるようにしています。

自分のリズムを取り戻すため、と言いましょうか。

今回はデジタルデトックスの効果についてお話しします。

ぜひ最後までおつきあいください。

スポンサーリンク

デジタルデトックスとは

デジタルデトックスとは、デジタル機器(スマホ、PC、テレビなど)やSNSから距離を置き、心身を休め、ストレスや疲労を解消することです。

スマホが普及し出してから、常に情報をインプットするようになり、いささか情報過多だと感じます。

わたしはSNSから距離を置くため、意識的にデジタルデトックスするときがあります。

スマホやPCは今や生活に欠かせないものなので、完全にシャットアウトするのが難しいです。

しかし、SNSならば自分で利用時間を調整できるため、デジタルデトックスしやすいんです。

※ デトックス=排毒

デジタルデトックスの効果3つ

 

こか
こか

SNSをお休みすると、新たに発見できることがある。

SNSをデジタルデトックスする効果を3つご紹介します。

  1. デジタルデトックスの効果3つ余裕時間ができる
  2. 集中力がアップする
  3. 思考や感情が整理できる

わたしはTwitter、Instagramを利用しています。

意識的にTwitter、Instagramをお休みすると、心がノーマルな状態に戻る感覚を覚えます。

余裕時間ができる

SNSを控えるだけで、余裕時間がグンと増えます。

かー坊
かー坊

一体、どんだけSNSをしてるんや…。

自分が発信するのみでなく、「いいね」やリプをしていると、気づかぬうちにどんどん時間が過ぎています。

SNSに20分、30分くらい費やしていることも。

少しSNSをお休みすると、「あぁ、なんか…時間ある…」としみじみ感じます。

集中力がアップする

SNSを控えるだけで、集中力がアップします。

理由はカンタン。

何かをしている途中でSNSに気を取られることがなくなるから。

わたしは大人になってからスマホを手にした世代です。

「受験勉強中にスマホがあったら…」と考えると、「絶対に集中できなかっただろうな」と思います。

一度、見出したら止まりませんもの、SNSって。

少し勇気を出して、SNSを控えるだけで、見違えるほど集中力がアップします。

思考や感情が整理できる

SNSから距離を置くと、自分の思考や感情を深掘りし、整理する余裕が生まれます。

思いついたことを気軽に発信できるのがSNSのよい点です。

しかし、思考や感情を深堀りせずに発信してしまい、「なんか考えてたニュアンスと違うなぁ」「うーん、ちょっと浅かったかも」と感じてしまうこともちらほら。

SNSをお休みしている間は「即発信!」ができないため、自分との対話が活発になります。

結果、思いがけないアイデアが生まれ、新たな一歩が踏み出せることも!

こか
こか

「言葉を飲み込んでも消化不良にならない」

チャーチル大統領の有名な言葉です。

デジタルデトックスで本来の自分を取り戻す

デジタルデトックスをすると、「本来の自分」を取り戻せる気がします。

SNSだと少し背伸びした自分を見せているけれど、SNSをお休みしたら「素の自分」でいられる

自然体に帰れるという表現が適切でしょうか。

本来の自分とのギャップを感じつつあるとき、デジタルデトックスをしてみてください。

頑張っていた自分が解放されて、心のバランスが取り戻せるはずです。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

一人でも多くの繊細さんが生きやすくなりますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました