繊細さんの幸せを願うブログ、うちコイ

HSPがテレビで取り上げられました【HSP「だからこそ」という視点を持つ】

HSPと向き合う
こか
こか

内容を入力してください。

こんにちは。今日もおうちが恋しいこかです。

HSPがテレビで取り上げられ、HSPが注目されるようになりました。

HSPについて、肯定的な意見もあれば、否定的な意見も見られます。

HSPは病気ではありません。

症状が出るわけではありません。

でも、「こういう人たちもいるのか」と世間に認知されればいいなぁと思います。

同時に「HSPだから」という考え方から「HSPだからこそ」という前向きな考え方にシフトしていこうと誓いました。

ぜひ最後までおつきあいください。

スポンサーリンク

HSPという言葉が注目されるようになってきた

9月20日のテレビ番組でタレントの田村淳さんが、自身がHSPであることを語りました。

その影響もあり、HSPという言葉が注目されるようになりました。

こか
こか

TwitterでもHSP診断テストみたいなのがTLに流れてきました。

HSPに対する世間の反応はまちまちです。

「わたしのことだ!」「HSPのことを取り上げてもらえてた」と好感的な意見から「HSPなんて甘え」「HSPを言い訳にしている」と否定的な意見まで様々です。

ちなみに、テレビで取り上げられるということは、かなり世間に浸透してきた証拠です。

インターネットでの情報が最も早く、テレビの情報は遅めと言われる現代です。

インターネット社会では「HSP」は知名度がけっこう高いんだなと感じました。

「HSPだから」ではなく、「HSPだからこそ」

「HSPだから」から「HSPだからこそ」に考えをチェンジしませんか。

否定的な意見に多かったのは、「HSPだからと言って、他人に優しさを求めている」というもの。

「わたしはHSPだから、傷つきやすいんです。気を遣ってください」と言われたら、相手も負担になるはず。

また、言ったことで相手との関係がギクシャクする可能性だってあります。

HSPを理由にして、第三者に何かを期待するのはちょっと違うかな…と思います。

HSPを強みにする

「HSPだからこそ」の考え方にチェンジすると、HSPが一気に強みになります。

「HSPで人の気持ちに共感しやすいからこそ、友達の話を親身になって聞ける」
「HSPで深く考えるクセがあるから、じっくりとひとつの作業に取り組むことができる」

最初は難しいかもしれません。

少しずつ視点を変えることを癖づけていけばいいんです。

わたしは「だからこそ思考」を始めてから、自分の知らなかった自分を発見できて楽しいです。

HSPを短所と捉えずに、HSPを活かす考え方に徐々にシフトしていければ…と自分自身も思います。

他力本願の幸せはNG

だれだって傷つきたくないし、自分を大切にして生きたい、幸せになりたいと願っているはずです。

ただ、他力本願の幸せを求めてしまうと、なかなか難しいです。

自分の思い通りの幸せをくれる人なんていません。

あなたの幸せはあなたしかわからないのだから。

自分で自分を幸せにするしかありません。

自分で自分を幸せにするためには、少し考え方を変えたり、少し行動したり、いつもより少し頑張らなければいけないかもしれません。

最初はしんどくても、「自分の幸せのため」

「HSPだからこそ」と視点を変えることも、誰でもない自分の幸せのためです。

自分で自分を幸せにしてあげるよう、普段の考え方を少し変えてみませんか。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

一人でも多くの繊細さんが生きやすくなりますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました