繊細さんの幸せを願うブログ、うちコイ

傷つける言葉を言う人、本当に苦手【そして、言い返せないわたし】

自分だいじに
こか
こか

「そんなこと言わんといて」って傷つくことを平気で言う人、いるやん。

ホンマ、苦手…。

かー坊
かー坊

本人は悪気なく言ってることもあるしな。

対処が難しい。

大切なあなたへ。今日もおうちが恋しいこかです。

昔、わたしが容姿で気にしていることを、笑いながら指摘してきた恋人がいました。

しばらくの間、言われたことをグルグルと考え、涙がじわりと目に浮かぶ日々を過ごしました。

結局、彼とはご縁がなかったのですが、自分が気にしていることを言う人、人を傷つける人を言う人は周りにゼロ…ではありません。

うまく言い返せない自分はグッと堪えるしかないのですが、最近、「傷つける言葉には、堪えるだけが対処法じゃないよな…?」と思うようになりました。

今回のブログは、傷つける言葉を言う人とその対処についてです。

本日もぜひ最後までご覧ください。

傷つける言葉を言う人…周りにいます

気にしていることをズケズケと言う人、イジワルを通り越して傷つける言葉を言う人…

わたしの周りにもいます。

傷つける言葉を言っている本人は無意識

本人は無意識(もしくは、「いいことを言っている」)で、傷つける言葉を言っているように感じます。

普段の行動を見ていると、わたしのことが決して嫌いではないようですし、「嫌味を言ってやろう」という気があるようにも見えません。

「この言葉を言うと、相手が嫌がるな、傷つくな」という意識がないのでしょう。

こか
こか

人によって、言葉の重みは違うから当然だけれど、言われた方はたまったもんじゃない。

傷つける言葉を言われた方は超覚えてる

一方、傷つける言葉を言われた方は超覚えています。

この記事の冒頭のエピソード(恋人との会話)は、季節や場所、その時の服装まで覚えています。

傷が癒えたと思っていましたが、思い出した今もチョット悲しい気持ちになりました。

言葉による傷はめちゃくちゃ深いんです。

かー坊
かー坊

傷つける言葉の殺傷力は刃物並みや。

傷つける言葉を言われたら、どうする?

嫌なこと、傷つける言葉を言われたら、みなさんはどうしますか。

人の言葉に傷つけられたら、とりあえず、その場はやり過ごすしかないかなと思っています。

心の中では泣き始めていますが。

時間が経って、自分に余裕ができたら、自分を幸せにすることだけに集中するようにしています。

とりあえずスルー(心の中は涙)

傷つける言葉を言われたら、とりあえずスルーします。

顔には出さないけれど、心の中では涙がポロポロしています。

平気なフリがいけない

母には「平気なフリをするからいけないんだ」と言われます。

でも、平気なフリをするしかないんです。

場を荒立てたくないし、なるべく早く話題を変えたいし。

逃げの姿勢がよくないのかもしれませんが、わたしの気質上、正面切って戦うことなどできません。

だから、傷ついていないフリをします。

こか
こか

心の中はボロボロだけど、平気なフリをして、自分を守っています。

二度と言われないようにする

わたしは、相手に言い返して、直接ダメージを与えることは好みません。

その代わり、二度と言われないよう、「幸せになってやる!!!」と誓います。

言いたい放題言われた後、相手に言い返すのではありません。

「相手が、言いたい放題言えないくらいの自分」になってやる、と決心します。

結婚式2日前に親戚の言葉に傷つく

結婚式の2日前、親戚から言われたひとことが気になって、気になって…。

部屋で一人になったとき、泣いていました。

「どうして、あんなこと言われなきゃいけないんだろう」「あんな風に言わなくてもいいじゃない」って。

「これから、ずっとあの言葉を言われ続けるのかな」と思うと、悔しくて、悲しくて、涙が止まりませんでした。

かー坊
かー坊

結婚式前日じゃなくて、よかったな…。

言い返せないけれど、言われっぱなしは嫌だ

ひとしきり泣いた後、ふっと頭にある考えがよぎりました。

「親戚にあんなことを言われないくらい、わたしが幸せに生きているところを見せてやればいいんだ」と。

わたしは人にうまく言い返すことができません。

ギャフンと言わせてやろうなんて思いません。

でも、言われっぱなしは嫌です。

それならば、「自分が幸せになって、言われっぱなしの自分から卒業すればいい」と思ったんです。

スポンサーリンク

傷つける言葉を言う人、本当に苦手です

 傷つける言葉を言う人、気にしていることをドンドン言う人、本当に苦手です。

しかし、相手を変えることはできません。

自分が変わるしかないんです。

ショックな一言を心の中で何度も思い返す度に嫌な気持ちになりますが、嫌な気持ちばかりをひきずっていては、何も変わりません。

自分の気持ちに余裕ができたら、傷つけられない自分になれるよう、前を向いてみませんか。

 本日もお読みいただき、ありがとうございました。

一人でも多くの繊細さんが生きやすくなりますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました