繊細さんの幸せを願うブログ、うちコイ

【不安とつきあう】いろいろ心配だけど、なんとか過ごしてる。不安が濃い日と薄い日の違いは?

HSPと向き合う
こか
こか

前回の記事で引越し先を探していると書きました。

続きです。

こんにちは。今日もおうちが恋しいこかです。

「おうちが恋しいこか」なのに、次の引越し先が決まらず焦っていました。

ジワジワと退去日が近づいてきており、不安で不安で眠れませんでした。

なんとか目処が立ち、ホッとしましたが、これからやらなければいけないことが多く、不安は少し薄くなった程度です。

不安って濃くなったり、薄くなったりしませんか。

本日の記事は不安のパターン化についてです。

ぜひ最後までおつきあいください。

スポンサーリンク

不安がどんどん濃くなっていく

「不安」はなかなか消えませんが、日によって薄かったり、とっても濃かったりします。

こか
こか

今日は心が軽い!

という不安を忘れているような日もあれば、

こか
こか

なんか不安…。未来がコワイ。

と何かにとても恐れている日があります。

細かいことが気になるHSPだからか、不安とともに生きているようなものです。

不安のパターンを分析してみる

かー坊
かー坊

不安が濃い日、薄い日の違いはなんや?

先日、購入した『「HSP」で「ひきこもり」だけど私は元気です。』に以下のような文章がありました。

不安には体調が悪い、生理前、仕事が忙しいなど、何かしらのパターンがあるものです。「朝から気分がどんよりすると思ったら、雨が降る前だった」なんてこともあります。人間は動物であり、天候や体調などからも影響を受けているのです。

自分のパターンを見つけることで、不安から復活しやすくなります。まずは不安になったときの状況(体調、天気、状況など)を記録してみましょう。

引用:「HSP」で「ひきこもり」だけど私は元気です。

湧き上がってくる不安を自分なりに分析しておけば、パターンをつかむことができ、対策しやすくなります。

記録しておくと、「あぁ、あのパターンか。コレをすれば不安が和らぐな」とめやすをつかむことができます。

不安のめやすがわかれば、ホッと一息つくこともできますよね。

時間がないと不安になる

わたしの場合、不安を引き起こすパターンは「時間がない」が多いです。

  • 仕事で納期が迫っているとき
  • 約束の時間に遅刻しそうなとき
  • 新幹線の出発時間まで余裕がないとき

「何かに間に合わない」状況がもっとも不安を感じます。

今回の引越しもそうでした。

時間の流れを変えると不安が解消される

こか
こか

時間がないことに不安を感じるので、あえてゆったり過ごして不安を和らげています。

時間に追われることが不安を呼び起こすため、ゆっくりとした時間の中に身を置くことで不安を和らげています。

美容室やネイルサロンに行ったり、大自然の中で過ごしたり、空想にふけったり。

意識的にスローに過ごし、「時間はあるよ」と自分に声をかけて安心させています。

追い込まれることで力を発揮できる人もいるでしょうが、わたしは違うようです。

丁寧、着実に、時間にゆとりを持って過ごすことが心の安定を保つようです。

※もちろん、期日までにやらなければいけないことをやることは大切です。

不安と一生つきあうには

自分の不安のパターンを分析することで、適切な対処ができるようになりました。

不安と言っても、様々あります。

今回のようにパターンで対処できるものもあれば、隠れた大きな不安が潜んでいる場合もあります。

繰り返しますが、日によって濃くなったり、薄くなったり、不安って一生つきあわなければいけない存在です。

不安のない人生はないと思いますが、自分なりの対処法や分析をして少しでも不安を和らげたいですね。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

一人でも多くの繊細さんが生きやすくなりますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました