繊細さんの幸せを願うブログ、うちコイ

HSPを職場で打ち明けるかどうかという問題について

HSPと仕事
こか
こか

自分がHSPであることを隠すつもりはないけれど…

なんとなく人に言いづらいです。

こんにちは。今日もおうちが恋しいこかです。

本日は職場でHSPであることを打ち明けるかどうかについて書きます。

職場でHSPであることを告げる=相手に配慮を求める…ような気がして、わたしはなかなか打ち明けることができません。

HSPであることを打ち明けなくても、HSPの特性を活かして職場で活躍できたら一番かなと思います。

ぜひ最後までおつきあいください。

スポンサーリンク

職場でHSPであることを打ち明けますか

わたしは職場の人にはHSPであることを打ち明けていません。

理解が得られなかったときの反応が怖くて、職場の人には自身がHSPだと話すことができません。

  • HSPってなに?
  • HSPだからどうしてほしいの?
  • HSPって単なる言い訳じゃない?

など、言われた時のことを考えると…

職場の人には打ち明けることができません。

職場の人にHSPであることを伝えて何か変わるか

職場の人に自分がHSPであることを伝えても、なにも変わらないだろうなぁと思います。

こか
こか

わたし、HSPっていう敏感な気質を持ってるから、物音や光に敏感なの。
人の感情にも敏感だから疲れやすいの。

と伝えても、相手の負担になるだけだろうなぁと考えてしまうんです。

相手に気を使わせてしまうことに対して、むしろストレスを感じてしまいそうです…。

HSPであることを強みにして働く

職場でHSPで伝えるより、HSPであることを強みにして働くことが目的であり、理想かなと思います。

  • 相手に気遣える特性を生かして、それぞれの顧客に合わせた営業をする
  • 細やかなところまで気づけるため、ミスしない業務ができる
  • 芸術センスを生かし、Web制作やデザイン業務に携わる

自分のことを理解してもらうことも大切ですが、「わたしをわかって!」だけでは相手に負担をかけてしまうし、自分にとっても大きなメリットはありません。

HSPのポジティブな特性をいかして、社会に貢献することが自分の喜びであり、社会にとっても有益なのではないでしょうか。

HSPさんが力を発揮できるのは、自分がやりたいことで社会の役に立つときです。

心からいいと思うもので社会貢献できたとき、やりがいを感じるのです。

HSPであることを打ち明けて、自分の特性をうまく生かして活躍したいな…と考えています。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

一人でも多くの繊細さんが生きやすくなりますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました